電話番号:045-831-7546

治療事例から一人ひとりに最適な治療を提案致します

当診療所では器材の材質に応じて以下の方法を使い分け、消毒滅菌を行っています。
診療に使う器材はすべて患者様ごとに一つひとつ準備し、予め消毒滅菌されたものです。専任のスタッフがこの業務を担当しています。
また、汚染が広がらないよう診療スタッフは手洗いを十分行っていますし、診療器械の取り扱いにも注意していますので、安心して治療を受けていただけます。

オートクレーブ
感染性の汚れ(主に血液)が付いた器材や、歯肉や粘膜の内部に入る可能性のある器材は、この器械で滅菌処理します。ピンセット、スケーラー、探針など金属製品が対象です。
グルタールアルデヒド
感染性の汚れが付いた器材で、オートクレーブに入れられないプラスチック製品や、高温にすると切れが悪くなる刃物(ニッパ類、切削器材)が対象です。 歯型を取った印象材(ゼリーが固まったもの)もこの薬液に漬けてから石膏を流し込んでいます。
酸化水
消毒レベルで十分な場合に使う薬液です。感染性の汚れ(主に血液)の付着がなく、歯肉や粘膜の内部に入る可能性のない器材(例えば矯正用プライヤー(ペンチ類)、写真撮影用ミラー)は、 この液で処理します。感染性の汚れが付いた器材の一次消毒や、口の中に入っていた矯正器材を削る前の消毒などにも使います。また、傷口の消毒や止血にも有効です。
口腔外バキューム
歯を削った時の削りかすや唾液、血液などの汚染物質の飛散を最小限にするため、口のすぐ外でそれらを吸引する装置です。口の中で吸引するバキュームと併用することで効果を上げています。

診療カレンダー

診療のご予約

pagetop