電話番号:045-831-7546

当院の治療中の痛みを減らす取り組みとは?

「歯の矯正中は、痛みが伴うことがある」――歯科矯正の経験者からそんな声をきいたことはありませんか?

確かに、治療中は痛みがまったくないとはいえませんが、想像されているより痛くありません。
痛みの原因は、歯が動くときに生じる、骨の中の歯根周囲での炎症反応。その結果、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物をかむときに鈍い痛みを覚えることがあります。
この痛みは数日続くことがありますが、1週間くらいで消失します。 当院では治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることなく治療を終える患者様がたくさんいます。

痛みの原因は多くは、「歯根膜(しこんまく)」とよばれる歯の根っこ部分への痛みです。
歯根膜とは、歯を支えている組織のこと。装置を使って歯を動かすときの圧力が強すぎると、歯根膜に締め付けられるような痛みを伴う場合があります。
当院では「できるだけ穏やかなチカラで歯を動かす」をモットーに、歯根膜への圧力を軽減。たとえば、痛みが出にくいといわれる"超弾性ワイヤー(NiTi製形状記憶合金)"などをつかって治療を行っています。 このワイヤーは、ゴムのように「しなる」特徴があるので、弱い力で優しく歯を動かすことができるのです。

01 痛みの出にくい最新式の装置

従来のブラケットより歯が早く動き、かつ痛みが少ないといわれています。
クリッピーは、歯をひっぱるワイヤーと歯に固定するブラケットとの間に摩擦が発生にくく、弱い力をかけ続けられる画期的な装置です。


02 金属部品を使わず接着剤で装置を固定

02 金属部品を使わず接着剤で装置を固定

従来の矯正治療では、「矯正用バンド」と呼ばれる「ベルト」のような
金属の部品を奥歯に装着することで、矯正装置を固定していました。
しかしこのバンドが口の中の粘膜を刺激し口の中の痛みや不快感を引き起こしていました。
また、汚れが溜まる場所ができ、虫歯になりやすいといったデメリットもありました。

そこで当院では「矯正用バンド」を使わず、
特殊な接着剤を使用し、矯正装置を直接歯に接着し、固定。
装置の装着時や撤去時に痛み・不快感を大幅に軽減しています。
現在、接着剤(ボンド)を使った歯科治療は大幅に進化しています。
実は当院院長/前田も接着剤の改良にかかわった研究者の一人。
接着剤を使う前に陶材表面に塗る液剤である、
「Porcelain Liner M(ポーセレン・ライナー・エム)」を1985年に世に送り出しました。

診療カレンダー

診療のご予約

pagetop