院長ブログ

反対咬合(受け口)

反対咬合の良くない点は、前歯で咬めないことです。顎関節の構造から、下顎は約1センチ前に出すことができますが、後ろに動かすことはほとんどできません。下の歯がはじめから前に出ている反対咬合では、前歯の先を咬み合わせて物を咬み切る動作ができないのです。

矯正についての詳しい内容はこちらへ。
http://www.maeda-clinic.or.jp/

診療カレンダー

診療のご予約

pagetop