受け口

●歯と歯の間が空いている
●サ行などが発音しにくい

歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態なので発音がしにくく、見た目もよくありません。
軽度の場合なら、ラミネートベニアとよばれるプラスチッックの材料で隙間を埋めることで改善できる場合があります。

治療例

成人症例

すきっ歯 成人症例

主訴 前歯の隙間、出っ張り
診断名、主な症状 空隙歯列、下顎前突
初診時年齢 23歳11か月
装置 マルチブラケット装置、歯科矯正用アンカースクリュー
抜歯・非抜歯 非抜歯
治療期間 2年6か月
費用の目安 基本矯正料\600,000、調整料¥120,000、保定管理料\50,000
リスク・副作用 低位舌、舌前方突出癖があったので、その改善がなされないと、症状が十分には改善しない、前歯の歯根吸収リスクが高まる可能性がありました。

診療カレンダー

診療のご予約

pagetop